関西人あるある?

以前、関西人と関東人の子育てについての違いについての記事のイラストを描きました。

正直、真の関西人としては?と思うこともあったのですが、こういうテーマは関西人は大好きですよね。そういう番組も関西ローカルは多いんです。

まずは、子供について、関東は「あらかわいい」関西「めっちゃかわいい!」むぎゅー。これは感情表現がめちゃ激しいんですね。

服のお店とか行っても「めっちゃかわいい〜なにこれ、うわこの色もええなぁ、〇〇ちゃん、こっち似合いそうやん。試着してみーな」とか自然と口にしちゃうんですよね。そして、町中そんな感じなので、東京とかに行くと街でみんなしゃべってへんな…と逆に違和感を感じてしまうのです。

次に食べ物を落としてしまった時の対応

関東、「捨てましょうね」関西「少しくらいかまへんかまへん。3秒ルールや」これは…完全に関西をバカにしてますが、確かにかまへんかまへんマインドは私の心に根付いてます。

ただ、関西人にも潔癖な人も神経質な人もお上品な人もいっぱいいるんです。ただ笑いを取りたいという気持ちは魂の部分で大きいです。上品なおばさまでも持ってたりはしますね。

関東暑くても平気な顔をする関西暑さを全面に出す。

これも書いた人、ひどいですね。

でも確かに関西人って体感温度は人それぞれなのに、つい口に出しちゃうんですよね。お店に入って暖房がきつかったら「うわめっちゃ暑い、なんなんこれ、みんな大丈夫なん?気分わるなりそうやわ」とかクレームでもなく、するっと言葉が出ちゃうんですよね。

とここまで、書いて確かに、外から見た関西人って下品なように見えるかもしれないんですが、全く悪気もなく、育った環境がそんな感じなので、下品とは思っていなくて、おおらかでいいなぁとやっぱり思っちゃいますね。

1年間服を買わないプロジェクト

共働きのため、家事の分担をしているのですが、旦那に洗濯をしてもらっていて、一応タンスにまでは入れてくれるのですが、わたしのタンスは常にパンパンのため、うまいこと入れられなくてタンスの引き出しの上に山積み状態でものすごくイライラして「もうこんな服全部捨ててやりたい!」となりました。
それをきっかけにして、いかに自分が服にふりまわされているかを考えることになりました。私は基本的に同じものを毎日というルーティーンが苦手なので、毎日違う服を着たいタイプなので、必然的にたくさん服が欲しくなってしまうのです。そして安物買いの銭失いタイプでもあるのでセールやユニクロGUの期間限定価格やらワゴンに弱いのでうっかり買っていたのです。

続きを読む

キラキラママまんが3

赤ちゃんってほんとうにかわいいですよね。つるつるの肌、長いまつげ、黒目がちの瞳…

アラサーママが勝てるところなんて一つもない…

可愛いけど嫉妬してしまう、そんなキラキラママ

授乳中って意外と着る服が限られてしまうんですよね。ワンピースやオールインワンなんかは全部ポロリしちゃうのでなかなか着る気になれないんです。でも着たい服を自由に着たい!恥なんてかき捨てて自由になっちゃいます。

キラキラママまんが2

産後、体型も戻って服装も前と変わらないものを着れるようになってもなかなかアクセサリーは付けれません。

ピアスなら…と思うのですが、妊娠する前から大きいフープピアスなんかをしていると知らん人がいきなり引っ張ってきて耳がちぎれたらどうしよう?と思い、あまり大きなフープピアスは怖くて付けられません。

キラキラママのまんが1

ママでもきれいが求められる今、でもネイルとかまつエクとかしたらちゃんと育児やってんの~っていう目で見られそう…そんなキラキラしたいけど周りの目を気になる奮闘ママの4コマを描きました。

アメリカン忍者の特徴とは?

IPPONグランプリ見て大喜利のイラストを描こうと思ったのですが、難しいですね。

お笑いは子供の時から空気のように見ていたので自分がお笑い好きだということに最近まで気が付いていなかったのですが、相当好きだと思います。

でも全然おもしろくなかったので、これから成長できるようにがんばります。(笑)

忍者は存在として大好きです。これは子供の時に学研のひみつシリーズに「忍術・手品のひみつ」という本がありボロボロになるまで読み込むくらい読んだせいだと思います。なんだかコミカルじゃないですか?水に浮くやつ乗ってみたり…

忍者屋敷に住みたい気持ちわかるなぁ。お金があれば建てたいです。