【袋がちょっと恥ずかしい?】我らの味方!しまむらあるあるイラスト

今回はみんなの味方。ファッションセンターしまむらのクスッと笑えるあるあるをお送りしたいと思います。過去のあるあるネタはこちら

インスタグラマーのあるあるイラストのkobito_monsterがまとめました。

しまむら安心価格は本当に安心しかない

しまむらの値段のタグにはしまむら安心価格と書かれています。安心価格というのはただの値札なんですが、これが実に安心価格なんですね。

なぜなら今時、消費税込み価格でしかもめっちゃ安い。

パンツでも500円とかザラにあるんです。高くても1980円だったりしてユニクロが高級店に思えるレベルなんです。元の値段が安い上にすぐ値下げしちゃうので安心でしかありません。

予想の上をいくコラボが続々出てくる

例えば、大人のおしゃれ雑誌InRedとナチュラル系おしゃれ雑誌リンネルとしまむらのトリプルコラボなどしまむらの従来のイメージのワチャワチャした感じの全くしない無印良品を好きなこだわりの人が着てそうな服がしまむら価格で手に入るのです。

他にも近藤千尋さんがモデルをつとめていたり、若者雑誌VIVIとコラボしていたりアニメキャラとコラボしたり常になにかとコラボしているような状態です。

目が離せませんね。

ちょっとやりすぎちゃったデザイン多め

しまむらは安い分、こだわりを見せて高く見せよう作戦なのかデザインが凝ってるものが多いです。正直ただの無地でよかったのに後ろに謎の人物のプリントが…とか余計なことをしちゃいがちです。

でもここまで凝ってこの価格は凄すぎです。

欲しいサイズがない…

しまむらに行っていざ買おうと思ったらLばっかりで自分のサイズが無い…というのもあるあるじゃないでしょうか?

実は各デザイン、各サイズ一つずつしか入れてないみたいなのです。

大きいサイズコーナーの安心感

しまむらはどの店舗にも(アベイルにも!)大きいサイズコーナーがあります。しかもかなり広いスペースで大きくても全く恥ずかしくないのです。普通サイズと同じような服もあるし、本当にしまむら様様ですね。

袋がちょっと恥ずかしい

しまむらはレジ袋有料化になった今でも無料でレジ袋に入れてくれるます。

でも無理なのに…こんなこと言ったら悪いんですが、レジ袋がちょっぴりダサいんです。赤でしまむらと大きくて書いてあるし、「あ、あの人しまむら行ったんだな」とすぐバレてしまう可能性が高いのです。

でも無料だし嬉しいんだけど、ちょっと恥ずかしいというしまむら様に申し訳ない気持ちになってしまいます。

インテリアグッズも豊富だけど、柄もの多め

しまむらには敷きパッドや毛布、クッションなどインテリア用品がすごく豊富に用意されています。

しかしよく見るとキャラものが多い!ディズニーの抱き枕とか、もふもふのクッションは最高の品揃えなのですが、シンプルなお部屋を作るにはなかなか難しいグッズばかり。

シンプルさんにはお薦めできませんが、疲れて癒しが欲しい時、癒しのクッションいっぱいありますよ〜

イオンよりヤンキー率高め

私の地元にはイオンモールもあるし、しまむらアベイルもあるんですが、イオンとしまむらでは客層が違うんですよね。

イオンは、まあいいも悪いも普通の人が多いんです。そして一応おしゃれしてくるところです。一方しまむらは飾らない、気取らないラフな感じの人が多いんですよね。金髪すっぴんヤンキーとかがたくさん子供連れてくるイメージです。

そして帰りに焼肉食べ放題に行ってそうな…そんなイメージです。ただヤンキーって自営業とかで意外とお金持っているのか、爆買いしたり外食したりしていいなぁと少し憧れます。

それではまたあるあるネタ更新していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です