昔のロゴ…覚えていますか?ダイソーあるある

今回は100円均一のダイソーあるあるをまとめてみました。インスタであるあるネタをイラストで投稿している@kobito_monsterがまとめてみました。過去のあるあるネタはこちら

100円だからとついつい要らないものまで買っちゃう

普段は節約していてもダイソーに行くと全部100円なので、そこまで要らないものもジャンジャン買ってしまわないでしょうか?結局1000円越えしていたりしてそんなに欲しくなかったものに1000円払っていたりします。

そして簡単に買った分、要らなかったらどんどん捨ててしまいます。

でもいっぱい買ってみたされて1000円以下だったらコスパいいんですよね~

痒い所に手が届く商品が多すぎる

ダイソーには「あ~こういうのあったら便利」と思うものがたくさんあります。子供のマグのストローなんて水を通すくらいしか洗う方法がなかったのにストローを洗うブラシ、細かい溝を洗うブラシなど痒い所に手が届きまくりなんです。冷凍庫にきれいに並べられるタッパーなどあったら便利なものだらけです。

SNSでバズった商品が見つからない。そして店員さんもつかまらない 

ダイソーの売り場って「あれはどのコーナーになるんだろう?」と思うことがしばしばあります。画鋲って文房具コーナー?インテリアコーナー?など悩むものがあるんです。しかも画鋲は文房具コーナー、壁につけるフックはインテリアコーナーにあったりするので店員さんに聞かなくては見つけられないこともあります。

でもダイソーの広い店舗で暇そうにウロウロしている店員さんなんて見つけられません。忙しそうに移動していたりするので声がかけられなかったりします。

こういう時はスマホで「画鋲 ダイソー 売り場」などで検索するとなんのコーナーにあるかすぐ出てきたりします。

無印の収納商品、待ってればいつかダイソーが似たもの作ってくれる

無印のヒット商品ってことごとく100均メーカーに真似されているんです。これはダイソーに限らずいろんな100均がやっています。多分引っかからないように全く同じ形ではないと思うんですが、重ねるメイクボックスなんかは兌換性があるので本家とダイソー商品がきれいに組み合わせることもできるんですよね。

これを消費者も知っているので、無印で欲しい商品は「早くダイソーで出してくれないかな」と待ちがちです。

200円、300円商品は買うのを悩んじゃう

ダイソーには最近100円ではない商品もたくさんあります。普通に考えたら安いんですが、ダイソー内だと途端にハードルが大きく上がってしまいます。「本当に100円商品よりいいものなのかい?」と悩んでしまいます。マニキュアなんかも100円もあるのに200円の商品はそんなに良いものなのか気になってしまいます。

欲しいものがあったのに楽しくて買い忘れる

ダイソーはいろんな商品があって本当に楽しいんです。なのでいろんな売り場を見て時間をつぶしてしまいます。

なのに当初欲しかったものを必ずと言ってもいいほど忘れて帰ってくるのです。その分割高のコンビニで買ったりしてなにをやってんだか…状態になります。

応募シールが断れない

最近ダイソーでは応募シールをレジで渡されます。それは集めたら景品がもらえるのではなく「買う権利」をもらうシールなのです。もちろん他では売ってないものや割安に買えるものなんですが、100円の商品買いに来てるのにわざわざシール集めて高い商品を買うかな?と思ってしまいます。

でもピーターラビットのぬいぐるみはちょっとかわいかったです。

洗剤のパッケージがそれっぽいけどちょっと違う

ダイソーにも洗剤系はたくさん売っています。もちろん大手メーカーの商品は100円で売れないのでダイソーオリジナル洗剤です。そのパッケージがタイトルがストレートなのです。「ソフター」とか「粉末洗剤」とか「アワーズ」など楽しいネーミングセンスがあふれています。パッケージデザインも大手のそれに寄せてる感じがして見入ってしまいます。

どうでしたか?またおもしろそうなネタがあればまとめてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です