保湿してるのに…のインナードライは〇〇が邪魔してた?!


毎年夏になるとテカテカ、崩れがすごい

ここ数年、夏になるとテカリがひどく、会社に着いた時には汗と脂でベトベト、崩れ放題という事態が続いていた。もともと脂性肌だったこともあり、夏の暑さで脂っぽくなっているんだなと思っていました。そしてせっせとゴマージュパックしたり、拭き取り化粧水したり、崩れ防止下地を色々試したりしていました。有名なセザンヌのテカリ防止下地を使ってもまだまだテカる私の肌…もはや若年の更年期障害のホルモンバランスの変化なのかと思ったほどです。

しかし、いくらやってもベタベタは解消されることはなく、何度も化粧直しをすることによってファンデは浮きまくり、最悪の状況まで行っていました。

夏は冬よりエアコンの風を浴びることが多かった

しかし、よく考えてみると、夏は小さな子供がいることもあり、夜はほとんどクーラーをつけっぱなし、職場でもエアコン、電車でもエアコン。そして汗をかいて乾いての繰り返し。

あれ、これって冬より過酷な状況じゃない?!そうです。ほぼ一日中エアコンの効いた部屋の中にいることや、汗が乾くことにより、私の肌は乾燥し、それをなんとかしようと必死で皮脂を出していたのです。いわゆるインナードライ。深刻なインナードライ肌になっていたのでした。

保湿しているつもりが成分が間違えていた!

ただ、私の中でも「もしかするとインナードライなのかも?」とは思って保湿をたくさんしていました。まず、クレンジングの後は牛乳石鹸で洗顔。そしてハトムギ化粧水をつけ、オイルをなじませ、美容液、乳液、高級クリームとしっかりやっていたつもりでした。しかし、洗浄力の高い石鹸での洗顔、化粧水はほとんど水みたいなもの。そこにオイルやらクリームなど、水分と油分のバランスが相当悪かったのです。水分不足で私の肌は悲鳴をあげていたのに、そこに油分ばかりあたえ、肌は完全にバランスを崩していました。

自分ではしっかりと保湿をしていたつもりなのですが、水分ではなく、油分を過剰に与えるケアだったのです。

落としすぎない、油分を与えない今のケア

それに気がついてからは、落とすことを優しく、保湿は水分を多めにこってりした油分が入ってなさそうなものを選ぶことにしました。

具体的にいうとクレンジングはちふれのクリームタイプ。こちらは落とし方にコツがあってちょっと面倒臭いんですが、肌に優しいので、おすすめします。洗顔は洗顔料を使うのはやめて、ぬるま湯だけ。洗顔をしないというのはちょっと不安だったのですが、意外や意外にいいんです。今まで、毎日小鼻の横から白い脂?みたいなものがニュルニュル出てくるという恐ろしい状態だったのですが、なぜかそれもなくなりました。落としすぎで肌の機能が壊れていて異常な脂が出ていたのかもしれません。化粧水は雑誌LDKで高評価だった東急ハンズオリジナルのmuqna セラミド配合なのに400mlで1382円というお安いもの。割とぬるっとした感触でしっかり保湿してくれます。今まではハトムギ化粧水を使っていたのですが、これがすごく私の肌には悪かったみたいで、保湿が全く足りてなかった様です。こちらを2回くらい手で押し込むようにしてぬりこみます。そして最後に保湿ジェルです。乳液すらも油分が邪魔しているようだったので、ジェル?ゲル状のものを選びました。たまたまコスメのアウトレットで見つけたラナレイ プリズムメンズリペアゲル です。まさかのメンズ用なのですが、このサイトの説明を見るとわかるように男性は油分は女性の3倍、水分量は半分以下なのです。まさにこれは私の肌…使用してみると確かに保湿されているけど、ベタつかない…ちなみに安くなっていて1280円です。

このスキンケアでメイクをしたら、以前のベタベタがびっくりするほどなくなり、肌悩みがほとんど解消されたのです。念のためTゾーンの下地はテカらないものを使用しています。私の使っているものそのものではなく、油分が少なく、化粧水が高保湿なものを使えば改善されるかと思います。とにかく保湿しても治らないインナードライ肌は油分が多すぎないかチェックしてみましょう。