【ライフハック】人見知りの職場の休憩所での過ごし方

人見知りにとっての職場の休憩所とは安心して休憩の出来ない場所でもある

これをみている人は多分人見知りだと思う。そんな人にとって実は休憩所こそ修羅の場であることはご存知の通りだ。

仲良い人だけであればいいが、会社は微妙な距離感、苦手な人がごちゃ混ぜにいるものだ。それを一括して同じ場でお昼ご飯を食べたりお茶飲んだりしろよというのだから、恐ろしい。逆に全く知らない人だけの場所の方が安心して休めるというものだ。今回はその休憩所問題について考えてみた。

1.何かを読んでる人に徹する。

アメトークの、若林さんだったが言っておられたテクなのだが、ペットボトルの成分を読む、スマホを読む、休憩所に置いてある冊子を読むなど、とにかくなんか読んでて忙しそうな人を演出するのだ。ただ自分が読んでる本とかだと突っ込まれて微妙にめんどくさかったりもするので、ペットボトルとか無料の冊子などは突っ込まれにくいのでオススメだ。

スマホを読むというのはどんな時も使える万能テクだが、上司がいる場合はなんとなく失礼なのでまだペットボトル読んでる方が失礼ではない。ただペットボトル30分読んでるやつもおかしいので、時々スマホで天気などをチェックして明日雨か…とか当たり障りないことをつぶやくのでもいいかもしれない。

2.話したがりのターゲットを探して質問して一人で喋らせる。

どこの職場にも喋りたい人というものはいるので、その人にどうでもいいことを聞いて一人で喋らせて、適当な相槌を打っておき、楽しく話してる奴を演じるというのも良い。これなら自分はトークしなくても大丈夫なので安心だ。

しかし私は人のどうでもいい話を聞くのが全く苦ではないのだが、普通の人はそうではないと思うので、これが苦しく感じる人も居ると思う。そして相手が異性だった場合勘違いされることもあるので、慎重に人を選ぼう。

3.天気の話題+家電の話を持ち込む

家電の話
家電の話をするOL

当たり障りない話界の中で1番王道なのが天気の話題だ。しかし人見知りで話し下手の人はそのどうでもいい話が1番しんどかったりもする。

そんな時は天気の話題+家電に結びつけるのが人を選ばず楽しく話せるコツだ。例えば「暑くなってきましたねー、もうクーラーつけました?」「梅雨で洗濯物乾きませんねー、ドラム式買おうかと思ってるんですけど、どんな洗濯機使ってはります?」「花粉きついですねー、プラズマクラスターって効果あるんすかね?」「寒いですね〜エアコンとストーブってどっちがコスト安いんですかね」とか無限にある。

家電って全く持っていない人はいないはずだ。もし持っていなかったら逆にツッコミ所満載だ。

まとめ何かを読む、相手に喋らせる。

何かを読む人として存在するか、もしくは相手に喋ってもらうように仕込むのが休憩所問題の解決策だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です