キングコング。嫌いだけど好き

最近、キングコングの梶原さんのYoutubeをよく見ています。

私は長年お笑い好きでキングコングがどのように売れていったかとかもずっと見守っていたんですが、結構初めから嫌いだったんです。はねるのトビラにおいては西野さんもでしゃばりのくせにおもしろくないし、梶原さんもテンション高くて運動神経いいだけでどこがおもしろいねんと勝手ながら思っていました。

しかし、西野さんがアメトークでスゴイんだぞ!西野さんで「あぁ、こういう人と見方を変えてみたら、西野って結構おもしろいのかも」と思い始めました。そして本屋で西野さんの著書「魔法のコンパス」を立ち読みで読破してしまったことから、「西野って実はすごいん?」と思いそれ以来新刊が出るたびに立ち読みで読破するという、ファンなんだか、アンチなんだかという行為を繰り返してしまいます。

西野さんを見直したものの、梶原さんに対しては上沼恵美子さんに媚びてえみちゃんねんのレギュラーもらってる落ちぶれたやつ。としか思っていませんでした。youtubeを始めた時も「また話題作りに必死やん。ラファエルとかヒカルに媚びて、媚びる才能しかないな」と思っていたのです。

でも梶原さん、もといカジサックが芸人さんとコラボ動画を出し始め、あの犬猿の仲の南海キャンディーズの山ちゃんとコラボしているのもすごくおもしろそうで、つい見てしまったのです。

見出したら、もう全ての芸人コラボ動画を見あさり、はまってしまったのです。

なぜなら梶原さんは関西出身のお笑い大好き少年で私と年が近いこともあって、「あ〜その時実際そういうことが起こってたのか〜。うわ〜なつかし〜」などお笑いファンとしての聞きたいこと、興味深いところが共通していてすごく共感できるんです。なぜか自分が長年お笑いファンやっててむくわれたなとまで思うほどです。

それだけではなく、カジサックの嫁、子供たちの素直でかわいいこと。バカにしてて申し訳ないくらい素敵な家族だったのです。嫁サックのかわいらしさと家事をしっかりやっているところは真似しないとと思いつつ、完璧すぎてたまに見るのが苦しいです。

とここまで書いて何が言いたかったかと言うとものすごく嫌いっていうのはものすごく好きに変わる可能性を秘めているということなんですね。キングコングって初めから嫌いなわりにめちゃくちゃ注目していたわけで。私のインスタがが〜っと人気出始めた時もキツイこと言って来る人たまにいたんですが、インスタサボり始めてからきついこと言ってくれる人さえいなくなってしまったので、まだマイナスの感情もってもらえるだけ、注目されていたのだなと感じました。

AIに服を選んでもらう将来

10年後になくなる仕事とかありますが、私的にアパレルの販売員って縮小傾向でいいんじやないかとおもうんです。まずアパレル店員って、若いときは着飾れるし楽しいかもしれないんですが、大体企画とかする本部とは別採用なので、上を目指すモチベーションがなくなって辞めたりするんですよね。そして販売という仕事柄ノルマもあるとストレスが溜まります。客側からしてもしつこい接客はかなりストレスですよね。お互いにストレスだったら、もうネットで買っちゃえばいいってことになって、今はネットで買ってる人も多いんじゃないでしょうか。買いにいったらビルを一通り回ったり、何個かの商業施設を回らないといけないから疲れます。例えば大阪の梅田に行ったら、ルクア行って、ルクアイーレ(隣にある)、グランフロントも見て、阪急も見ときたいなとかとなるとヘトヘトになるんですよね。特に子供が生まれてからは、絶対そんな買い方できないんです。ネットで買うときは、自分が持っている服とネットで売っている服の寸法を見比べて、まあまあこんなもんかなという予想をたてたらそんなに狂わないと思います。zozoスーツも撤退するようですが、私的にはまた似たようなものができるんじゃないかと思います。自分の体型を3D化して、売ってる服を合わせられるようにしたら似合うかどうかが分かりますよね。そして自分の今までの閲覧履歴とかで好みを調べて、ライフスタイル(職場のドレスコード、専業主婦、ヒールの靴は履けるのかどうか)を入力して、ファッションのルール(Aラインシルエットや低身長、高身長の人がスタイルよく見えるコーディネート)に合わせてAIが考えたコーディネートを何個か見せて、着まわしもできるようにして(それも少ない服で着回したいとか毎日違う服を着たいとかの意見も反映されるようにする)そこから選んで買う、もしくは全部買いするというスタイルが合理的で国民のファッションレベルが上がるような気がします。

AIが選んでくれるだけじゃ味気ないという人は、販売員をしていた人や、ファッションについて一定の学習を受けた人にチャットで相談にのってもらえるサービスを追加してはどうでしょうか?アドバイザーの人は副業でアドバイスをするのがベストですね。未来は何個か仕事を掛け持つ方事がスタンダードになりそうですし、1対1のチャットならそんなにお互いストレスにならないと思います。お店は、店舗を縮小して販売員もノルマを設けず、アドバイスだけを行うことによって、売るのが得意な人ではなく服の知識がある人を置くようにすれば、互いにいい関係になれると思います。
人工が減るのだから、無駄にストレスがたまりやすいサービス業は働く人にとってストレスの少ない職場になっていくとよいなと思います。

よく考えたらみんなちょうどいいブスなのかもしれない

ちょうどいいブスでおなじみの山崎ケイさん、彼女を初めて見た時は「確かにちょうどいいブスだ」とそのままの感想を持ちました。しかし、よくよく考えてみると彼女の顔って普通じゃないか?むしろ私こそちょうどいいブスなんではないだろうか…下手したら、ちょうど良くないただのブスかもしれない。と青ざめました。

私自身、ブス扱いはされたことないのですが、美人扱いもされたことがないので、誰も言わないだけでブスなのかもしれない。女子というのは、学生時代に「〇〇ちゃんかわいい〜」「△△ちゃんこそかわいい〜」というどうでもいい褒め合いを日常的にしているもので、自分がどのくらいのレベルにいるのか理解できてない人って多いのではないでしょうか。

仕事もキャバクラとか受付嬢など外見が重視される仕事をしてるわけでもないので、余計に気づつきにくい。

まぁとにかく自分がちょうどいいブスということで置いといて、世の中は愛嬌があればちょいブスでも難なく生きていけるような気がするんです。

学生時代は、比較対象の人がたくさんいるので、少し辛い思いをするときもあるかもしれませんが、社会に出たら同い年の比較対象がそんなにいないので、そんなに顔は重視されません。

考えてみれば、車内に横澤夏子とかいたら、結構可愛がられそうじゃないですか?彼女は顔の形と大きさがちょっと変わっていますが、身長も高いし、ブス枠に入れられないような気がするんです。

愛嬌があって、身なりを清潔にしていれば、そこそこの幸せはつかめるはずなんです。

でも、書いていて気がついたのですが、「愛嬌」こそが難しいんです!

なぜなら、別にちやほやもされてきてないから、素直に愛嬌ふるまえる自信がないんです。わたしなんかがしゃべりかけてもなぁ…という後ろ向きな気もちになってしまうんですよね。くったくのない、子供のような純粋さを他人の前では出せないんです。そしてめんどくさい。

ブスは愛嬌がないと!と言われますが、ブスで愛嬌身につけてるブスはある意味すごいよ。

上沼恵美子暴言問題について

今、世間でこれほどまでにニュースになるとは思ってなかったのですが、M-1終了後でとろサーモン、久保田さんのインスタライブで決勝戦まで残ったスーパーマラドーナの武智さんが、M-1審査員の上沼さんと匂わせる「オバハン」「更年期障害」「好き嫌いで評価するな」などと 暴言を吐いたのを流してしまった事件が起こりました。

私も初めて聞いたときは、更年期障害の言葉に怒りを覚えました。これは女性はみんなそうじゃないでしょうか?

そして、あーあ、スーパーマラドーナ、おもろいのにこれで終わったなと思いました。M-1取れなくても関西ではそこそこ仕事があるので、生活に困ることはなかったのに、人生棒に振ったなと、がっかりしました。

スーパーマラドーナの武智さんはM-1にすべてを懸けてる熱い男で、あまりにこだわりすぎるので相方の田中さんに「もうM-1なんか負けたらエエのに」とまで言われるほどだったんですね。

ただ、マスコミやら一般人がここまで袋叩きにするのは、??とも思うんですよね。まるでベッキーの時みたいに。超ベテランの上沼さんにSNSで暴言を吐くって最低のアホだとは思いますが、怒るのは上沼さんだけだと思うんです。なぜ関係のない人がたたくのか?そして上沼さんが、審査員であることに疑問を感じていた人も多いと思うんです。

しかも関西のおばちゃんには最高の好感度を持つ上沼さんですが、ネットの人って上沼さんのファン層とはまた違うはず。

となると2人のもともとの好感度が低かったのか、とも思うのですが、正直二人の知名度ってそんなに高くないと思うんです。なので、なんでもありの今のSNSに疑問を持つ人、昔ほど年上を敬わない若者、いろいろな感情がうずまいた結果ではないかと思うんです。

ともあれスーパーマラドーナは実力あるのでまた戻ってきてほしいです。

マライアキャリーと浜崎あゆみって似てる?

今年もクリスマスが近づき、あの曲が町中に流れ始めます。

マライアキャリーのAll I want for  christmas is you です。一気にクリスマスムードに引き込む天才です。あの曲さえあれば一生生きられるだろうと思う曲。普通の人だったら贅沢しても使いきれないでしょう。ただ向こうはセレブなので、使いきる可能性があります。

あらためてマライアのインスタを見てみると、そういえば双子産んでたよな、とかあれ?ちょっと目がうつろじゃないかい?とか太ったり痩せたりしてるなぁとか、ある種の不安定さを感じます。

激太り報道があったし、昔からぽっちゃりだったのに、画像加工で痩せさせたり、セレブなのでアンチエイジングは当然だと思うのですが、それにしても昔と顔違うような感じもします。

なんだかそれを見ていると我が国の元歌姫、浜崎あゆみさんを思い出したのです。

浜崎さんは元々ものすごい美人なのに、なぜか整形を繰り返しています。しかも大きな目と薄い唇、薄い体が良かったのに、唇ふっくらさせたり、豊胸?なのか、巨乳化してるのです。いやいや、あゆにそこは求めてないよ!というツッコミを入れてくれるブレーンはクビなのか、間違った方向に進化中です。

マライアもあゆも全盛期の自分を求めず、太ってもいいからありのままでいられないものなのでしょうか。

一度、てっぺんに登った人にしか分からない苦悩があるんでしょうね。

関西人あるある?

以前、関西人と関東人の子育てについての違いについての記事のイラストを描きました。

正直、真の関西人としては?と思うこともあったのですが、こういうテーマは関西人は大好きですよね。そういう番組も関西ローカルは多いんです。

まずは、子供について、関東は「あらかわいい」関西「めっちゃかわいい!」むぎゅー。これは感情表現がめちゃ激しいんですね。

服のお店とか行っても「めっちゃかわいい〜なにこれ、うわこの色もええなぁ、〇〇ちゃん、こっち似合いそうやん。試着してみーな」とか自然と口にしちゃうんですよね。そして、町中そんな感じなので、東京とかに行くと街でみんなしゃべってへんな…と逆に違和感を感じてしまうのです。

次に食べ物を落としてしまった時の対応

関東、「捨てましょうね」関西「少しくらいかまへんかまへん。3秒ルールや」これは…完全に関西をバカにしてますが、確かにかまへんかまへんマインドは私の心に根付いてます。

ただ、関西人にも潔癖な人も神経質な人もお上品な人もいっぱいいるんです。ただ笑いを取りたいという気持ちは魂の部分で大きいです。上品なおばさまでも持ってたりはしますね。

関東暑くても平気な顔をする関西暑さを全面に出す。

これも書いた人、ひどいですね。

でも確かに関西人って体感温度は人それぞれなのに、つい口に出しちゃうんですよね。お店に入って暖房がきつかったら「うわめっちゃ暑い、なんなんこれ、みんな大丈夫なん?気分わるなりそうやわ」とかクレームでもなく、するっと言葉が出ちゃうんですよね。

とここまで、書いて確かに、外から見た関西人って下品なように見えるかもしれないんですが、全く悪気もなく、育った環境がそんな感じなので、下品とは思っていなくて、おおらかでいいなぁとやっぱり思っちゃいますね。

1年間服を買わないプロジェクト

共働きのため、家事の分担をしているのですが、旦那に洗濯をしてもらっていて、一応タンスにまでは入れてくれるのですが、わたしのタンスは常にパンパンのため、うまいこと入れられなくてタンスの引き出しの上に山積み状態でものすごくイライラして「もうこんな服全部捨ててやりたい!」となりました。
それをきっかけにして、いかに自分が服にふりまわされているかを考えることになりました。私は基本的に同じものを毎日というルーティーンが苦手なので、毎日違う服を着たいタイプなので、必然的にたくさん服が欲しくなってしまうのです。そして安物買いの銭失いタイプでもあるのでセールやユニクロGUの期間限定価格やらワゴンに弱いのでうっかり買っていたのです。

続きを読む