コメント欄閉じたり開けたりする人。

インスタグラムで半分芸能人みたいにフォロワー数が多い方で嫌われがちな人ってコメント欄閉じてたりしますよね。

確かに不要なストレス溜めるよりコメントを閉じて発信する方がストレスなくインスタを楽しむことができますよね。

でも例えば愛する我が子がお手紙くれました。とかの投稿のときだけコメント欄を開けて「素敵な息子さんですね」「感動しました!」というポジティブなコメントを見たがるのってなんか恥ずかしくないのかなとは思ってしまいますね。

または、「家事がんばってると言われたい」という欲望でそういうコメントが来そうな投稿しちゃったりもありますね。わかるんですよ。家事なんて誰も褒めてくれないし、逆にできてないと怒られるし。

でもそこはググっとこらえないといけないと思っています。SNSかまってちゃんはちょっとキツイもんがあるなと思ってしまう方なので。

いつからタピオカ好きになったの?


インスタ映えで復活した食べ物、タピオカミルクティー、1990年代に一度ブームになって(その時はココナッツミルクとかに入っていた気がする)2008年にもう一度ブームが巻き起こり、それから日本の生活に割となじんでいたと思っていたのですが、急に大ブームに。なんばや梅田などの大都市だけではなく、地元の駅にもお店ができるほど。

ネットニュースで見た記事によるとタピオカミルクティー屋は小さなスペースでもできるし、タピオカ自体も安いので、一応台湾とかから茶葉を仕入れてこだわらないといけないものの、30〜40円くらいの原価でできてしまう、ボロい商売らしいです。

確かに地元のタピオカミルクティー屋の店主のツイッターを見るとついこないだまでタピオカミルクティーって流行ってるんだねとか言っていたのにいきなりタピオカのお店を立ち上げていて、タピオカミルクティー屋にもレベルの差があるんだなと思っていました。

しかし、そのネットニュースもタピオカの黒さは黒い人脈との繋がり?と書いていて笑いました。ヤクザのビジネスになることもあるらしいですが、だいたいは普通の人がやってるみたいなので安心してください。

もうそろそろ一年いけそう…

服を1年間買わないプロジェクト、ついにこの秋冬が終われば、チャレンジ成功ということになります。長かったチャレンジもやっと終わりです。

このチャレンジ、ほんとやってよかったし、汚くなったものを買い換えるとか、ギリギリの形で来年もできたらいいなと思っているくらいです。

まず、一年間買わないと言っているのに、どんどん服を捨てていっているのです。 続きを読む

好きなyoutuber

絵を描くときはYouTubeを見ると決めています。私がめちゃくちゃYouTubeに詳しい時は仕事が忙しいときなのです。
すごくベタなのですが、やっぱり王者ヒカキンさんの動画を見ています。
他の人って作業しながら聞くにはうまくまとまってないし、声も聞き取りにくいのでストレスがたまるんですよね。
ヒカキンさんはそこらへんはすごくうまくて、画面を見ずに声だけ聞いていてもいけるくらいなんです。内容が特別面白いかというとよく分からないんですが、とにかく安定感がすごい。

あとリアクションがすごい。
ヒカキンさんが紹介したものを食べたくなったりして買うときがあるんですが、それを食べたときのヒカキンさんのリアクションのすごさを感じますね。
あ、この程度なのにあんなにリアクションしてくれたのかと。

あとはYouTubeにかける情熱、まじめさも大好きです。
長い間ヒカキンTVとヒカキンgamesという二つのチャンネルで毎日投稿していたんです。撮影、編集全部一人ですよ。お金は山ほどあるけど休みがないんです。
しかもこれは誰に強制されたわけでもなく、自分に課してるだけなんです。(現在は一つ一つの動画のレベルを上げるために2日に1回らしいです。)
ヴィトンで買いまくったりしてお金使ってるだけだと思うかもしれませんが、彼はブランドとか多分そんなに興味ないけど、再生回数をあげるため、YouTube全体の世の中に与える影響を高めるためにやっているんです。
なんか信者みたいになってきたのですが、とにかく王者は他の追随をゆるしません。
ユーチューバーに偏見のある方は、ヒカキンさん動画を見まくるのがおすすめです。

服を買わないプロジェクト、3ヶ月目の抵抗

服を買わないプロジェクト、3ヶ月続いてます。自分史上こんなに買わなかったのは多分初めて。

お金ない高校生のときでも多分安いのを買っていたはずです。高3の時の受験のときでさえ、隙あらば買っていたような気がします。
そこで、「買わない」をテーマにしていたので、「作ってはいけない」というというルールではなかったという無理矢理なこじつけで、作っています。
とにかく昔から作るのが好きな性分なので、中学生の時からちょくちょく作っていたのです。
とはいえ、適当という性分もあるので、仕上がりは見れたものではないのですが、人は他人をそんなに見ていないと信じて気にしてません。
パンツ、ノースリーブブラウス、7分丈ブラウス、息子のズボン、ここまで作りましたが、まだ布が余っているので息子のズボン×2、自分のワンピースを作ってやっと終了の予定です。
布を余らすと永遠に作らないということがわかっているので、もう飽きてきているのですが、とにかく仕事のように作っています。昼休みの30分しか時間がないので、焦りながら作っています。
ミシンもちょくちょく下糸が団子になってイライラします。ポケット付きのズボンは左が前にポケット、右は後ろにポケットが付いてるというミスをおかし、何回もやり直してこれもまたイライラしています。
ほんとイライラさせられることが多いんですが、うまくいった時は本当に嬉しいんです。
ちなみに大人服はyanのてづくり手帖というサイト、子供服は男の子にも女の子にも作ってあげたい服という本を見て作ってます。おすすめです。

5秒で昔の恥ずかしいことを思い出して叫びたくなる気持ちを抑える方法

みなさんは昔のちょっとした恥ずかしい出来事を思い出して「うわ〜〜〜」と叫んで自転車を立ち漕ぎして爆走したくなる時はないでしょうか?

これがなかなかの頻度でやってくるので、人混みの電車の中で叫びたくなるのですが、叫べないので顔がゆがみ、変な人になるということがよくあります。
人より恥の意識が強いといいますか、複雑で傷つきやすい中二のような性格なのでこれはもう仕方のないことだと思っていました。
それは私だけなのかと思っていただのですが、結構いるようなので、最近私が編み出した技を紹介したいと思います。
 

続きを読む

ギャルと「僕ら」の20年史――女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉

図書館で借りた本
昔から雑誌が大好きでジャンル関係なく読んでいたのでギャルではないが、この辺りのギャル誌の移り変わりはすごくよくわかった。
主婦の友社のギャル雑誌、cawaiiが出来てから終演までの20年にも渡る長い本なのだが、興味がありすぎてすぐ読めてしまった。
そのなかでも心に残ったのが、大きなブームはヤンキーカルチャーから来ているということ。編集者の中でもオリーブとかお洒落で洗練されている雑誌を読んでいた人もギャル雑誌の性の体験談やリアルな記事が読みたくて仕方なくてこっそり読んでいたという。
確かに中学生の時からzipperなどの個性的カジュアルが大好きだったわりに、コンビニに並ぶeggはどうしても読みたかった。同じ時代、同じ国に生まれたのに全く違う人種のガングロギャルの全てに対してあけっぴろげな明るさ。なりたいわけではないけど魅力的だった。