コメント欄閉じたり開けたりする人。

インスタグラムで半分芸能人みたいにフォロワー数が多い方で嫌われがちな人ってコメント欄閉じてたりしますよね。

確かに不要なストレス溜めるよりコメントを閉じて発信する方がストレスなくインスタを楽しむことができますよね。

でも例えば愛する我が子がお手紙くれました。とかの投稿のときだけコメント欄を開けて「素敵な息子さんですね」「感動しました!」というポジティブなコメントを見たがるのってなんか恥ずかしくないのかなとは思ってしまいますね。

または、「家事がんばってると言われたい」という欲望でそういうコメントが来そうな投稿しちゃったりもありますね。わかるんですよ。家事なんて誰も褒めてくれないし、逆にできてないと怒られるし。

でもそこはググっとこらえないといけないと思っています。SNSかまってちゃんはちょっとキツイもんがあるなと思ってしまう方なので。

いつからタピオカ好きになったの?


インスタ映えで復活した食べ物、タピオカミルクティー、1990年代に一度ブームになって(その時はココナッツミルクとかに入っていた気がする)2008年にもう一度ブームが巻き起こり、それから日本の生活に割となじんでいたと思っていたのですが、急に大ブームに。なんばや梅田などの大都市だけではなく、地元の駅にもお店ができるほど。

ネットニュースで見た記事によるとタピオカミルクティー屋は小さなスペースでもできるし、タピオカ自体も安いので、一応台湾とかから茶葉を仕入れてこだわらないといけないものの、30〜40円くらいの原価でできてしまう、ボロい商売らしいです。

確かに地元のタピオカミルクティー屋の店主のツイッターを見るとついこないだまでタピオカミルクティーって流行ってるんだねとか言っていたのにいきなりタピオカのお店を立ち上げていて、タピオカミルクティー屋にもレベルの差があるんだなと思っていました。

しかし、そのネットニュースもタピオカの黒さは黒い人脈との繋がり?と書いていて笑いました。ヤクザのビジネスになることもあるらしいですが、だいたいは普通の人がやってるみたいなので安心してください。

好きなyoutuber

絵を描くときはYouTubeを見ると決めています。私がめちゃくちゃYouTubeに詳しい時は仕事が忙しいときなのです。
すごくベタなのですが、やっぱり王者ヒカキンさんの動画を見ています。
他の人って作業しながら聞くにはうまくまとまってないし、声も聞き取りにくいのでストレスがたまるんですよね。
ヒカキンさんはそこらへんはすごくうまくて、画面を見ずに声だけ聞いていてもいけるくらいなんです。内容が特別面白いかというとよく分からないんですが、とにかく安定感がすごい。

あとリアクションがすごい。
ヒカキンさんが紹介したものを食べたくなったりして買うときがあるんですが、それを食べたときのヒカキンさんのリアクションのすごさを感じますね。
あ、この程度なのにあんなにリアクションしてくれたのかと。

あとはYouTubeにかける情熱、まじめさも大好きです。
長い間ヒカキンTVとヒカキンgamesという二つのチャンネルで毎日投稿していたんです。撮影、編集全部一人ですよ。お金は山ほどあるけど休みがないんです。
しかもこれは誰に強制されたわけでもなく、自分に課してるだけなんです。(現在は一つ一つの動画のレベルを上げるために2日に1回らしいです。)
ヴィトンで買いまくったりしてお金使ってるだけだと思うかもしれませんが、彼はブランドとか多分そんなに興味ないけど、再生回数をあげるため、YouTube全体の世の中に与える影響を高めるためにやっているんです。
なんか信者みたいになってきたのですが、とにかく王者は他の追随をゆるしません。
ユーチューバーに偏見のある方は、ヒカキンさん動画を見まくるのがおすすめです。

5秒で昔の恥ずかしいことを思い出して叫びたくなる気持ちを抑える方法

みなさんは昔のちょっとした恥ずかしい出来事を思い出して「うわ〜〜〜」と叫んで自転車を立ち漕ぎして爆走したくなる時はないでしょうか?

これがなかなかの頻度でやってくるので、人混みの電車の中で叫びたくなるのですが、叫べないので顔がゆがみ、変な人になるということがよくあります。
人より恥の意識が強いといいますか、複雑で傷つきやすい中二のような性格なのでこれはもう仕方のないことだと思っていました。
それは私だけなのかと思っていただのですが、結構いるようなので、最近私が編み出した技を紹介したいと思います。
 

続きを読む

赤子と漫才

昔から集中力がない。というかいろんな事に興味がありすぎてどんどん考えが飛んでいく。だから仕事でもよくミスする。小さい時もすぐどっかに行ってしまうので迷子にならないように目印に風船を持たされたぐらいだ。

そんなわけで今も何かをしながら何かをするという「ながら」でいろんなことをしようと必死だ。一気にいろんな事をやりたがるので、当然一つ一つの完成度は低い。

まぁそれも私の持ち味とあきらめていますが。

そんなこんなで子供を連れて散歩に行く時もだんだん暇になってきてYouTubeで漫才をダウンロードしてその音声だけを聞いてにやにやしながら産まれたての子供を体に巻き付けて歩いている。というはたから見たら気持ち悪い状態になっていた。

この音楽じゃなく音声を録音して聞くという行為は大学生の時からで「ナインティナインのオールナイトニッポン」のヘビーリスナーだった私はラジオで録音したカセットテープ(ちなみに当時はMDが一般的だった)をソニーのウォークマンで長い長い京都までの道で聞いていた。もちろんにやつきながら。しかも下ネタの多い番組なのでもしや音漏れしてないか心配しつつ、朝からこんな下ネタで笑っている自分にも少し恥じながら楽しんでいた。

今考えるとかなり気持ち悪い。

小学生の時から当然のように深夜のお笑い番組を録画してせっせと見ていて、自分がお笑いが好きだという自覚もないくらい、空気のようにお笑いが好きだ。

ただ、こんなにお笑いやバラエティを見ているのに私は全然トーク力がない。まったく身についていないのだ。

やはり「ながら」では身につかないのであろうか。

The Whoのイラスト

何年か前にユニクロのデザイン公募のTシャツ(UT)のイラスト案です。久しぶりに出て来たので懐かしくて投稿してみます。

UTにどうしても選ばれたくて、何組か世界的に有名なバンドの中から選んでデザイン案を作るみたいな感じで、他がKISSとかセックスピストルズとかデヴィットボウイとか音楽に疎い私でも知っているようなミュージシャンだったのですが、The Whoの事を当時の私は全く知らず、一番応募数が少ないだろうと思い、全く知らない人達だったのに必死で画像検索なんかをして描いたのを覚えています。

この時はイラストを久しぶりに描き始めてまだ画材とかが決まっていなくて通っていたイラストスクールの先生達が多用していた割り箸をけずったものに墨汁を付けて描く、割り箸ペンを使って描きました。

今見ると意外とかっこいい。

今だといろんな仕事とかインスタに絵を載せているので書き慣れているからサラサラ描けるんですが(でも下手なのは変わりませんが)やっぱり書き慣れてなかったからこの程度を描くだけで何回も下書きして…と一生懸命だったのが懐かしい…

先生に外人のイラストの描き方を教えてもらったり(目と眉毛の距離が短いとか)その後似顔絵を描くときの参考になりました。

The Whoさん達の事をそのとき必死で調べた時は意外に薬物とかやっててめちゃくちゃな奴がいたような…うろ覚えですが、当時のミュージシャンって薬物のオーバードーズでめっちゃ死んでるんですよね。