1年間服を買わないプロジェクト

共働きのため、家事の分担をしているのですが、旦那に洗濯をしてもらっていて、一応タンスにまでは入れてくれるのですが、わたしのタンスは常にパンパンのため、うまいこと入れられなくてタンスの引き出しの上に山積み状態でものすごくイライラして「もうこんな服全部捨ててやりたい!」となりました。
それをきっかけにして、いかに自分が服にふりまわされているかを考えることになりました。私は基本的に同じものを毎日というルーティーンが苦手なので、毎日違う服を着たいタイプなので、必然的にたくさん服が欲しくなってしまうのです。そして安物買いの銭失いタイプでもあるのでセールやユニクロGUの期間限定価格やらワゴンに弱いのでうっかり買っていたのです。

インターネットの横に出てくる広告でzozotownやyoox、DHOLICなんかも毎日誘惑してきます。
安いし気に入らなかったら捨てようという考えなので服は増える一方でした。しかも最近はメルカリもやっていたので、その年に買ったものならファストブランドでも買った時の値段くらいで売れたりするので今年買った服を売ったりして服のサイクルがどんどん早くなっていって楽しい半分、このままではどうなるんだろうとパニック状態でした。
それが、タンス山積み状態で嫌気がさし、もう当分服は買わない!と決心したのです。
そんな時にネットサーフィンしていて「1年間服を買わなかったら見違えるほどおしゃれになった」という記事があったのです。
まさに渡りに船!
【洋服を買わないチャレンジ 基本の3つのルール】
(1) 1年間ファッション誌を買わないこと
(2) 1年間服を買わないこと
(3) コーディネートを毎日記録すること
2はそもそものことなのでこれはなんとか我慢しよう
1はそうそうにギブアップ、ただ私はインスタにすごく影響されるのでファッション系でフォローしていた人をすべて外してほぼ友達とアート系にしました。予想外に良かったことはインスタを見てもザワザワしなくなったことです。知らず知らずのうちにインスタのリア充に振り回されていたことに気がつきました。
ちなみにこの項目は、ファッション誌を見て「これ欲しい」となるのではなく、自分が本当に必要な服、似合う服を見つけるというのが主な目的なので余計な情報を入れないという意味なのです。私はファッション誌をちょいちょい見つつ、手持ちの服の新しいコーディネートを見つけるために見たりもしてますが、見ない方がいい方は見ない方がいいと思います。
 
3は恥ずかしながらこっそりやっております。フォルダにロックをかけていますが、間違ってこの画像をラインとかで友達に送ってしまったらどうしようと怯えています。
これは客観的に見ることで、自分が良いだろう!と思っているものがダメだったりというのがよくわかります。
これで方式みたいなのがわかったのでまた記事にしたいと思います。
 
まだ2月から始めたので、まだ効果のほどはわかりませんが、次回はじ「自分の服を管理する」というテーマで書こうと思っています。
1年間服を買わないプロジェクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です