服を買わないプロジェクト、3ヶ月目の抵抗

服を買わないプロジェクト、3ヶ月続いてます。自分史上こんなに買わなかったのは多分初めて。

お金ない高校生のときでも多分安いのを買っていたはずです。高3の時の受験のときでさえ、隙あらば買っていたような気がします。
そこで、「買わない」をテーマにしていたので、「作ってはいけない」というというルールではなかったという無理矢理なこじつけで、作っています。
とにかく昔から作るのが好きな性分なので、中学生の時からちょくちょく作っていたのです。
とはいえ、適当という性分もあるので、仕上がりは見れたものではないのですが、人は他人をそんなに見ていないと信じて気にしてません。
パンツ、ノースリーブブラウス、7分丈ブラウス、息子のズボン、ここまで作りましたが、まだ布が余っているので息子のズボン×2、自分のワンピースを作ってやっと終了の予定です。
布を余らすと永遠に作らないということがわかっているので、もう飽きてきているのですが、とにかく仕事のように作っています。昼休みの30分しか時間がないので、焦りながら作っています。
ミシンもちょくちょく下糸が団子になってイライラします。ポケット付きのズボンは左が前にポケット、右は後ろにポケットが付いてるというミスをおかし、何回もやり直してこれもまたイライラしています。
ほんとイライラさせられることが多いんですが、うまくいった時は本当に嬉しいんです。
ちなみに大人服はyanのてづくり手帖というサイト、子供服は男の子にも女の子にも作ってあげたい服という本を見て作ってます。おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です