化粧は女性のマナー?問題

お久しぶりです。

私はネットでいろいろ検索するのが趣味なのでいつもいろいろ検索しています。そこでよく論争が起こる「化粧をするのは女性のマナーなのか?」問題。

私自身、化粧をするのが大好きなのでまったく苦にならないのですが、世の中には化粧をしない人もたくさんいます。

女性がメイクをするのは男性がネクタイをするのと同様に社会人としてのけじめだ。」という意見と「肌が弱いのに化粧を義務付けられるなんて辛い…」という意見が戦っていて決して解決はしないのです。

 

私の意見としては年齢にとらわれず、肌がきれいですっぴんでも違和感がない人(眉毛がある、たるみがひどくない、血色がよい)ならOKだと思います。

 

そしていつも気になるのですが「肌が弱くて化粧をすると荒れてしまう」という人が出てくるのですが、どんな化粧品でも荒れてしまう人って多いのでしょうか?

ここからは私の推測でしかないのですが、

肌が弱いから化粧をしない人というのは

1.本当に肌が弱い人

2.ほんの数回化粧品で荒れて肌が弱いと思い込んでいる人。

3.化粧の知識がなく下地とかスキンケアせずにいきなりパウダーファンデーションを塗ってしまって荒れた人

4.化粧はしたくないけど「なぜ化粧をしないの?」という質問がめんどくさいので肌が弱いということにしている

1の人はひとまず置いておいて2の人はもともと化粧にさして興味がない人が陥るとことが多いと思います。多分好きだとなんとかして合うのを探すと思うので。3は大学デビュー的な人が陥りがちです。とりあえずとファンデをいきなりべた塗りすると乾燥で荒れると思います。

そして意外と4って多いのではないでしょうか?

日本は化粧をする人の方が断然多いのでついつい聞いてしまうのも分かります。そしていちいち答えるのも面倒だろうということも。

でもそれなら堂々と「化粧はきらい」と言ってしまいましょう。私も音楽はさっぱりわからないし好きなのは小室サウンドとか大事MANブラザーズなど、どこまでもいけてないセンスなので「音楽はよく分かりません」と言ってしまいます。ただそこで会話が終わってしまうのですが、背伸びして今どきのバンド名とか上げてもボロが出るので…

ここまで書いていると私は化粧をしない人に批判的だと思われるかもしれません。確かに。なぜ可愛くなれる方法があるのにしないのか謎なだけなのです。あと純粋に化粧をしなくてもOKな人がうらやましいんでしょうな。

 

しかし、「化粧は社会人としてのマナーだ!」っていう人も何を常識人ぶってるんだとも思うんです。「私は社会人としてちゃんとしてますけど!少なくてもあなたよりは(フン)」というのが透けて見えるのです。

私は化粧が好きなので、本当に好きな人だけしたらいいんじゃないかと思うんです。嫌々、社会人のマナーとしてやってるんだったらせっかくの化粧品たちもかわいそうなんじゃないかと…

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です